【Corel WinDVD Pro レビュー】低価格なWindows用メディアプレイヤー | 俺の開発研究所

私の開発室 ソフトウエア 「ソフトウエア」の記事一覧です。| マイ・デベロップメント・ラボラトリー ソフトウェア 「ソフトウェア」の記事一覧です。

Corel社のWinDVD Proは、Windowsのメディアプレーヤーです。

手頃な価格でありながら、ブルーレイやDVDの再生に必要な機能が揃っています。

Windows 10にはディスク再生技術が標準搭載されていないため、富士通などの国内メーカーでプリインストールされているのが一般的です。

WinDVD Proは2018年1月に全世界で3億本以上販売されました。最も人気のあるソフトの一つです。

本記事では、WinDVD Proの特徴を解説し、どこで購入するのが一番お得なのかを紹介します。

本記事では、ブルーレイプレーヤーやマルチメディアプレーヤー .

ベクターPCショップが33%OFFで提供

WinDVD Proの仕様と特徴

Corel WinDVD Proのインターフェース
出典ベクターPCショップ

WinDVD Proの主な仕様と機能です。

項目 仕様
対応するビデオフォーマット 4K
HEVC(H.265)
Blu-ray ISO
DVD ISO
Blu-ray 3D
BD-Live
BDXL
AVCREC
DivX
FLV
WMV
DVD-Video
MPEG
MTS
M2TS
MKV
MP4
3GP
3D再生機能 Blu-ray 3D再生
サラウンドサウンド
2D から 3D ビデオへの変換
CPU/GPUの最適化
その他の機能 DVD 標準画質アップスケーリング
キャプチャ機能
プレイリスト/ブックマーク機能
フレームレート 240fps のスムーズな再生
スロー/ファストプレーバック

4K映像の再生やブルーレイ3Dも楽しめます。

また、DVDのアップスケーリング機能も利用できます。

このアップスケーリングオプションがあるのは嬉しい機能です。

標準的なDVDの画質はSD(720×480px)です。これは大画面で見るとぼやけがちです。しかし、HD(1280x720px)にアップすることが可能です。

映画の予告編を見る方や、DVDをレンタルする方におすすめです。

WinDVD Proの詳細はこちらをご覧ください。

ベクターPCショップでは33%OFFでご提供

WinDVD Proのシステム要件

Corel WinDVD Proの動作環境
出典はこちらベクターPCショップ

WinDVD ProはWindows 10(64bit推奨)で動作します。

その他、CPUなどの詳細が記載されています。ただし、比較的最近のWindows 10であれば、通常のBlurayやDVDの再生に問題はないはずです。

ブルーレイディスクを再生するには、ブルーレイドライブが必要です。

私が使っているのはIo DATAのポータブルブルーレイドライブです。

WinDVD Proの最安値はベクターPCショップです。

ベクターPCショップで販売中のCorel WinDVD Pro
出典はこちらです。ベクターPCショップ

WinDVD Proは、パッケージソフトを購入する大手小売店や、ダウンロードソフトを販売するオンラインショップで多く販売されています。

調査の結果、ベクターパソコンショップが最もリーズナブルであることがわかりました。

ベクターでは、無料で利用できるシェアウェア/ソフトのダウンロードサイトを提供しています。私たちもよく利用しています。

ベクターパソコンショップは、多くの人気ソフトを低価格で提供しています。

ベクターは、一般公開されているものを利用できます。

WinDVD Proの詳細はこちら。

ベクターPCショップでは33%オフで購入できます

Corel WinDVD Pro(コーレル ウィンドDVDプロ)まとめ

今回はCorel WinDVD Proを検証してみました。

WinDVD ProはWindows10をお持ちで、ブルーレイ・DVDプレーヤーの購入を検討されている方におすすめです。

WinDVDPROの詳細はこちらをご覧ください。

ベクターPCショップでは33%オフのキャンペーンを実施中

関連読書:

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー:「ブロリー」より4年 新キャラが登場!

神作『無職転生~異世界行ったら本気出す~』の大推薦!

2022年夏|7月放送最新作TVアニメ情報まとめ!おすすめ6選を紹介!