冷蔵庫の製氷機にカビが!自分で庫内を掃除する&カビ予防 | イズクル

今は多くの冷蔵庫に自動製氷機が搭載され、素早く氷を作ることができるようになりました。これは非常に便利な機能ですが、製氷機を定期的に掃除しないとカビが生える可能性があります。カビの生えた氷ができている可能性があるのです。
製氷機にカビ

涼しい冷蔵庫ではカビは生えないと思われがちですが、実は逆です。

冷蔵庫のような涼しい環境でも、カビは生存することができるのです。食品の汚染によって、細菌が繁殖することがあります。また、カビの繁殖は湿気が原因であることもあります。

写真は水槽の様子ですが、氷ができるまでの道筋にもカビは生えている可能性があります。水槽の目に見える部分だけにカビがないとは言い切れません。

製氷機をクリーナーで除菌する

この動画では、「自動製氷機クリーナー アイスクリーナー」を使って製氷機の除菌・洗浄をする方法をご紹介します。もしよろしければ、ぜひ動画をご覧ください。


アイスクリーナーには、ピンク色のクエン酸パウダーが含まれています。食品に含まれる成分なので、クエン酸パウダーは体に無害なものです。


自動製氷機洗浄剤 氷キレイ

Amazonでは製氷機クリーナーも販売しています
>製氷機クリーナーはこちら。

  1. まずタンク内の水を抜きます。スポンジで汚れを落とします。
  2. 貯氷槽の氷はすべて抜きます。貯氷槽の内部は後で洗うことができます。
  3. タンクに300mlの水を入れます。次にアイスクリーナーを入れ、液体が溶けるまでかき混ぜます。溶けたらいつもの手順で氷を作ってください。
    洗浄剤 氷キレイ
  4. 他の人が誤って吸い込まないように、「ピンクの氷は食べられません」というラベルを貼ってください。
    ピンクの氷は食べられません
  5. ピンクの氷が溶けてきました。少し酸っぱい味がします。氷は食べてはいけません。
    ピンク色の氷
  6. 氷を増やすには、タンクを水洗いしてから、再び水を入れてください。ピンク色の氷がなくなったら、作業は終了です。
  7. 氷の保存容器の内部はきれいにしましょう。

製氷機のカビを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

この記事には、カビの発生をなくし、阻止する洗浄剤が掲載されています。しかし、冷蔵庫の内部を定期的にメンテナンスすることが重要です。

  • 水タンクは、少なくとも週に1回は掃除する必要があります。
  • 数ヶ月に一度は、氷の貯蔵タンクを掃除してください。
  • 浄水器やミネラルウォーターの水は、カビの発生を防ぐために毎日交換する必要があります。
  • 冬場に氷を使用しない場合は、水タンクや氷の貯蔵タンクを掃除するとよいでしょう。

季節の変わり目の掃除や殺菌には、クリーナーの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連読書:

【Android】アプリの通知をオフにする方法&一括で通知音をオフ

【インスタ】生年月日の入力は要注意!ブロックされることも

【Android 12】ロック画面のでかい時計表示を変更して小さくする手順