鬼が笑う 特集: 解説・評価・あらすじ 新たな“トラウマ映画” 観とけ、この邦画! - 映画.com

母と妹を守るために...。鬼が笑う』特集。あらすじ、解説、評価、あらすじ。新たな「トラウマ映画」、この邦画をチェック!映画.com映画『鬼が笑う』は、必見であり必見でない。この特集では、出演者のインタビューや編集部の見解を紹介します。トップページ > 映画 > 『鬼が笑う』は必見であり必見でない。"

> 特集

>

レビュー・評価・あらすじ:この邦画は必見の新感覚トラウマ映画!?鬼が

笑う

公開日 6月17日、20日、22

  • 映画館を探す
  • 予告編を見る
  • 作品紹介トップ
  • 特集
  • インタビュー
  • ニュース
  • レビュー
  • フォトギャラリー
  • レビュー
  • 動画ストリーミング検索
  • DVD・ブルーレイ
  • チェックインを利用する
鬼が笑う

You are here:

Twitter Facebook Pocket Hatena 更新日:6月13日 20,22 【

問題作】『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ミスト』と同系統の「トラウマ映画」

関連読書: PLAN 75 特集: あらすじ・キャスト 【大問題作】75歳の人が“死を選べる”日本… - 映画.com

日本映画は、極めて強い感情を抱かせる。
これらを映画.com編集部がレビューして発見!

画像1

映画好きなら、一度は経験したことがあるはず。見終わった後もしばらく頭の中で反響し、考え続けてしまうような作品に出会うこと: ......です。

映画.com編集部では、そんな没入感を味わえる映画を見つけました。映画のタイトルは「鬼が笑う」で、6月17日に公開されました。頭に残って離れない強烈な映画です。ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ミスト』に似た "トラウマ映画 "といってもいい。

主人公を演じるのは、一人の青年。彼は妹と母親を救うために父親を殺した。舞台は外国人技能実習生をいじめ、搾取するスクラップ工場。

ストーリーを思い浮かべることができますか?以上、「鬼が笑う」衝撃のキャスト・レビュー・解説でした。

鬼が笑う」予告編です。

関連読書: ショーシャンクの空に 特集: 4K版が劇場公開!“世界で最も人気の傑作”の魅力とは? - 映画.com

.最後には希望がある。
この映画は何だと思いますか?

画像2

実際に映画を観た映画.com編集部が、本作の見どころをレビューします。まずはストーリーから。


[父親を殺してしまった男の物語。彼は妹と母を守るために...。

主人公の石川和馬(半田修平)は、父親の暴力から妹と母親を守るために父親を殺してしまった男

です。

彼は今、更生施設で暮らし、社会復帰を果たそうとしている。しかし、社会からは「人殺し」と非難され、希望を失っている。

そんな中、一馬は勤務先のスクラップ工場で外国人労働者のいじめに巻き込まれる。スクラップ工場で外国人労働者からいじめを受けるカズマ。周囲は見て見ぬふりをするが、中国人作業員のリウ(梅田正弘)がそれを止める。リュウが見せる姿に目覚めた一馬は、リュウとの交流を通して、自分が求める幸せを見つけることを決意する。..

....画像3

脚本・監督:美濃隆一、美濃和彦の兄弟制作映画チーム「美濃ブラザーズ」 オリジナル作品「老人農場」が、その特異な世界

観で高く評価され、「老生」は「老生」の代表作となった。

映画のテーマは、社会問題にもなりかねない海外からの技能実習生の搾取、立場にある者の卑劣ないじめ、そして偏見や差別が引き起こす凄惨な事件などです。

見終わった後、私はこんな感想を抱きました。"救われない......"。それは、一言で言えば「救われない」でした。腹の中が暗くなるような感覚を覚え、確かに爽快感はない。とても不快な感覚である。

これは、"ダンサー・イン・ザ・ダーク "や "ミスト"、"世襲 "を見た時に感じた感覚と全く同じです。どれもトラウマになるような効果で知られる映画だが、それぞれに特徴がある。ラストシーンで感じる「麻薬のような衝撃」に呆然としてしまう。この日本映画は、あなたに衝撃を与えます。

画像4

前作「老人農場」に引き続き、半田修平が主演を務め、罪の赦しに苦しむ男の魂を鬼気迫る熱演で描いている。その他、梅田正弘、赤間麻里子、坂田聡、大谷麻衣、岡田義徳など魅力的な俳優陣が揃い、隙のない作品に仕上がっています。


[良いことをするたびに、絶望が訪れる。

ギリシャ悲劇の悲劇の登場人物は、しばしば大きな悲劇に飲み込まれることになる。

それは

彼らの欠点のせいではなく、皮肉にも彼らの美徳のせい

なのです。

カズマ(この物語「悪魔が笑う」の主人公)は、人を助けるために親切心から行動したために、その運命が狂わされてしまうのである。......ここに、この恐ろしい作品の核心がある。

一馬は姉と母を救うために殺害した。しかし、母親と姉は彼を庇い、二度と顔を見せないようにと言い残している。

画像5

勤め先のスクラップ工場では、自分より年下の長髪の男から「人殺し君」とあだ名をつけられ、周囲から蔑まれる存在になっていた。

工場の社長である岡田義徳もまた、公明正大を装った詐欺師である。技術職の外国人実習生を金の亡者として扱い、心理的に支配している。

リハビリテーションセンターのスタッフたち。リハビリテーションセンターの職員たちは、研修生のカズマに笑顔を向け、「助けてあげる」と言う。しかし、彼らの本音は、その笑顔から透けて見える。

画像6

帰るべき家族を失い、職場にも施設にも居場所がない。一馬は毎日、泥の底で息をひそめ、劉さんと話すときだけ心に安らぎを覚える。しかし......。一馬が善良であればあるほど、心痛む悲劇が一馬に降りかかるのだ ...。

ストーリー自体は、半端なものではありません。作り手は、私たち視聴者が一馬と同じ絶望感を味わえるようにと、真摯な眼差しでシーンを組み立てているようだ。壮絶なクライマックスである。壮絶なクライマックスである。鋭く野蛮な剣「現実」が、私たちの欲望や希望をことごとく切り裂いていく。そして、最後の賽の目まで駆け抜ける。.......

しかし、ラストシーンは美しく、見る人が希望や絶望をどう解釈するかによって、さまざまな受け取り方ができる。人生の悲劇は、人をより人間らしくし、成長させてくれるのです。この記事を読んで、あなたはどう感じますか?これがトラウマ映画鑑賞の醍醐味です。

画像7岡田義徳演じる社長はクズ中のクズですが...。[世界中の映画祭で上映された作品です。

この映画のクオリティは「半端ない」どころか、自信を持って一級品と断言できる。この映画は、心を込めて、全身全霊で表現したものです。計算やテクニックといった技術的な緻密さはないが、それでも素晴らしい映画であることに変わりはない。

その証拠に、この映画は数々の国際的な賞を受賞している。第12回リッチモンド国際映画祭(アメリカ)でもノミネートされ、第26回ソフィア国際映画祭(ブルガリア)ではインターナショナル・コンペティション部門に選ばれた。エストニアでは第25回タリン・ブラックナイト映画祭でオフィシャルセレクションに選ばれ、高く評価された。

画像8

監督・脚本のミノ・ブロスは、私たち観客に次のように語っています。 私たちは常に、あなたの心の中にあるものに興味があります。

いつ、すべてが終わるのでしょうか?

各界声が・・・!?


It's

長時間、水に浸かっているような感覚。"魅惑的だ"

画像9

映画.com編集部のみならず、各界の著名人からも興奮のコメントが寄せられています。

この映画は

その熱気を感じていただけるよう、抜粋してご紹介します。


映画評論家・松崎健夫さん。

初監督作品「老人農場

」 松崎健夫氏は

自主映画ではあまり取り上げられないテーマを取り上げ、ステレオタイプな固定観念を超えた社会問題を見事に露呈

した。


本作にもミノブロス精神が息づいており、現代社会が抱える複雑な問題を多角的な視点で表現しています。これらは一見すると「個」の問題に見えるかもしれない。
あらゆる事象が密接に関連していることを示す構図、設定、キャラクターが秀逸

は、彼女のものです。

画像10
●●国実ルイエ(プロデューサー、盲牛会代表)

「行き場のない人々」
無視はできなくても

、隣で起きていることに目を背けることはできない。それ

.彼の才能と人間性は稀有なものです。映画製作に社会的な意識を持っていたことが伺えます。
こういう映画は劇場で見る価値がある。半田さん、梅田さん、すごいですね。


小路 弘(映画監督)

素晴らしい映画

でした。

周平さん、梅田正弘さんが目の前に現れるたびに心臓がドキドキしました。スクリーンに釘付けになりました。
.それを実現させたのは、熱狂的なサポートキャストと、スタッフ、監督の献身的な努力の賜物なのでしょう。このような独特の香りのする映画を見たのは初めてです。


藤本明男(映画監督)

血しぶき、正義への飢え、理不尽な宇宙が脈打つ映画

視界がぼやけて直視できないほどでした。

画像11
森岡 龍 俳優・映画監督。長時間水に浸かっているような、

非常に息苦しい映画「パッション

」。

この映画の最大の特徴は、そのどうしようもない息苦しさです。


立石晴香さん(女優)

主人公も加害者も、変えられない過去を持って

いる。

主人公もそうですが、それぞれの登場人物の過去に思いを馳せないわけにはいきませんでした。

この映画を観て感動し、格差や社会問題といった表面的な概念ではなく、人間の本質を深く考えるようになりました。


山岸謙太郎 映画監督私が惹かれたこと

この映画は、私が世の中の不条理に気づいているから

です。

でも、ふりまわされない。
自分の人生がふわふわしていないことを思い知らせるためなのかな?


キャストの質、丁寧さゆえに、濃密で重厚。
だからこそ、それを指し示す光線は、かすかに見えても、とても輝いている。
日々の暮らしの中で、幸せをおすそ分けしてくれるような喜び。
私たちの幸せを優先するからこそ、世の中は理不尽に満ちているのだと感じさせてくれる作品です。
.

画像12

キャスト・スタッフは6月17日から22日まで、東京、愛知、大阪、兵庫で舞台に立ちます。

>>詳しくはオフィシャル

サイトをチェック
PRESENTED BY ラビットハウス, アルファエンターテインメント, ミノウエブラザーズ, 日本経済新聞社, 日本経済新聞社

関連

ニュース
  • 岡田義徳、超絶ブラック社長を怪演 「鬼が笑う」緊張感漂う本編映像

    岡田義徳、緊張感溢れる映画『鬼が笑う』で極度のブラック社長を怪演

    !
  • 「鬼が笑う」監督が外国人労働者問題を描いた理由「腹が立つからこそ、あえて客観的に」

    鬼が笑う』監督が描く外国人労働者問題 "怒るからこそ、あえて客観視する"

    2022年6月2日
関連ニュースの詳細を見る