ALIVEHOON アライブフーン 特集: あらすじ・キャスト 今年No.1カー映画は、あのオスカー受賞作でなくこれ! - 映画.com

AllIvehoon アライブフーン』特集のあらすじとキャストをご紹介します。It No.これはアカデミー賞ものではない、最高の車映画だ。- 映画.comALIVEHOONiveHoonの必見、必見特集です。特典映像は製作者インタビューと編集部の視点。ホーム > 作品情報 > 『ALIVEHOON』 > 特集 >

あらすじ&キャスト アカデミー賞受賞作とは違う、年間No.1カームービー!

ALIVEHOON アルイヴフーン

劇場公開日6月10日、20日、22

  • 映画館を探す
  • 予告編を見る
  • 作品紹介トップ
  • 特集
  • インタビュー
  • ニュース
  • レビュー
  • フォトギャラリー
  • レビュー
  • 動画ストリーミング検索
  • DVD・ブルーレイ
  • チェックインを利用する
ALIVEHOON

アライブフーン特集

Twitter Facebook Pocket Hatena 新規更新 5月30日 20,22 【

なぜ?人気映画館の編成部長
ドリフトカーアクション映画を2回観た深い理由
今年のアカデミー賞受賞作ならぬ、クルマ映画No.1作。

画像1

ドリフトに命を懸ける熱きレーサーたちのドラマを描いたカーアクション映画。映画

関係者によると、この映画を気に入り、

2度も上映会に足を運んだという有力

者がいる。

高原淳一郎がその人である。映画マニアの彼は、立川シネシティの編成部長である。日本で最も革新的なシネマコンプレックス」として知られる。

市川崑監督の映画『悪魔のバラード』(1977年)や名村芳太郎監督の映画『デモンズ』)を好きな作品に挙げた高本晋也監督など、有名クリエーターとも親交がある。

アライブフーン』はあらゆるジャンルを超越している。映画好き、特に若い人に劇場で見てほしい作品です。

本特集では、椿原さんのインタビューを交え、"アライブフーン!"の魅力に迫ります。

予告編】はこちら]世界最高峰のカーアクションをご堪能ください[紹介・あらすじ】画像2

日本発祥のドリフトレースの世界を描く。

カーアクションは、元レーシングドライバーで『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のテクニカルアドバイザーを務めた土屋圭市氏が監修し、実車を使用しCGに頼らないリアルで壮大な映像に仕上がっています。主演は野村周平と吉川愛。

日本一のeスポーツレーサーに輝いた大羽根公一。彼は、解散の可能性があるドリフトグループにスカウトされる。実車で才能を発揮する光一だが、レースで勝つために危険を冒す人たちに直面する。

関連読書: 太陽とボレロ 特集: あらすじ・キャスト 檀れい、映画初主演!希望の上質エンタメ - 映画.com

この映画は、映画を愛し、この業界で30年以上働いてきた起業家の物語である。好きな映画は「悪魔のバラード」。
シネマシティの編成担当ディレクターが熱く

語るこの映画

関連読書: エリザベス 女王陛下の微笑み 特集: 解説・評価 【賛否両論】斬新映画! あなたは是か非か? - 映画.com

だからこそ、見て

ほしい。画像3

立川シネマシティの支配人である椿原淳一郎さんは、1990年代前半に立川シネマシティに入社しました。

以来

30年以上、一貫して映画と観客の接点である劇場に

勤務してきた。

30年以上、劇場で働き続けている。ここは、映画と観客が一体となる場所。仕事が終わると、街の中心部にある劇場に足を運ぶのが日課だった。"バウスシアター"、"吉祥寺 "によく行っていました。最近はラピュタ阿佐ヶ谷で見たことのない昭和の映画を見るのが楽しみです」

インタビューに応じた椿原敦一郎氏椿原淳一郎さん

松竹映画100周年記念インタビュー「100人が選ぶ松竹映画」特集ページで、好きな松竹映画として名村芳太郎監督の『鬼神』(1978

)が挙げられています。

(ガンダムを観に行ったら、予告編が流れていて、観てみたいと思ったけど

、親に連れて行ってもらえなかった」。

"私はそれに行きたかったのですが、両親は私を連れて行きません。

市川崑や金田一耕助も好きだが、好きな映画は「悪魔のバラード

」だという

高本晋也監督(『野火』)など、映画人からの信頼も厚い。椿原さんは編成チーフとして、その芸術的センスと経験で「観客に見せたい映画」を探し出し、シネマシティに展示し続けている。

椿原さんが『アライブフーン』のどこに惹かれたのか。


この映画は、エンジンの音やバックの音楽のビートなど、音にとてもこだわっていますね」。

そう

なんです。

試写状が届いて、今まで見たクルマの映画の中で一番いいと思ったんです。映画を見るために、私は行きました。行った甲斐がありました。映画の気迫が

すごかった。"極音上映会 "に出品したいと感じたこと。

下山天の監督から、音の話を聞きました。エンジン音や音楽背景を

頑張ったそうです。しかし、私が初めて見たスクリーナーでは、そのポテンシャルを十分に発揮できる設備が整っていませんでした。その時、イマジカの竹芝にある最新鋭のラボで上映することを知らされたのです。信じられませんでした。画像5
ビークルアクションの音を「エクストリームサウンドスクリーン」することにしたんですね。

音質は素晴らしいものの、そう

ではありません。その理由はただひとつ。極限サウンドスクリーニング」、「極限ボムスクリーン」は、今や有名なブランドです。しかし、私としては、幅広い観客にアピールする作品には、その冠をつけることで、映画好きの人たちに注目され、見てもらうきっかけになってほしいと思っています。映画『アライブーン』は、私にとって価値あるタイトルです。

アライブーン』は、全国の主要映画館で公開されます。Aliveoon」は全国の主要映画館でご覧いただけます。また、ウルトラサウンド以外のフォーマットでもお楽しみいただけます。

画像12
"アライブーン "の気になるところはありましたか?

視聴者が共鳴する何かがあり、それが映画のスクリーンで伝わってくる映画に注目してもらいたいというのが、私の強い願いです。この映画は.

..画像6

主人公の光一は、eスポーツの実力者だが、協調性やコミュニケーション能力に欠け、職場に

馴染めない。

才能はあるが「無名」である彼は、現実世界でレーサーとして引き受けられ、成長していく。とてもシンプルなストーリーですが

すばらしいと

思いました。

誰でもなれる」というメッセージは、今の若者にとって力強いものだと思います。

人は、何かに興味を持ったり、何かをやりたいと思ったりしても、それを追求できないことが多い。光一は、他のメンバーとの交流によって、自分の「好き」を広げることができたと実感している。時折、壁にぶつかるが、それを乗り越えて前に進んでいく。そして、最後の決断で映画は幕を閉じます。そこには、大切なメッセージが込められているように感じました。画像13
この映画は、あらゆるジャンルを超えて、マッドムービーにならない・・・・・・。この映画は、映画好きな人に見てもらいたい。この映画の迫力あるシーン、サウンド、ストーリーに魅了されることでしょう。しかし、何よりもストーリーが素晴らしく、観るに値する映画である。

というのが私の意見です。今、多くの要素を持たずに映画を公開することは難しい時代です。しかし、この映画は愛など抜きにして作られた分、かなりストイックな作品に仕上がっています。

画像7

もちろん、ドリフトシーンやレース、eスポーツもリアルに描かれていますが、マニアックな映画に終わらず、ジャンルを

超えたリアルな映画になっており、単なる「車好き」「eスポーツ好き」向けの映画ではありません。しかし、この映画はあらゆるジャンルを超越した、マニアックな映画に留まらない

リアルな

映画だと感じました。

映画

好きにお勧めの作品です。劇場で音だけでなく、物語に没頭し、レースの迫力を体感してほしい。画像14

関連読書: ザ・ロストシティ 特集: あらすじ・キャスト 予測不可能すぎる!超爽快ノンストップエンタメ - 映画.com

伝説の誕生だ。映像がリアルすぎるためYouTube禁止。
ハリウッドを超える!

世界一ぶっ飛んだカーアクション

画像8
●本物の事故と間違われる映像が...。
広報担当者は悲鳴を上げた。

この映画のレースシーンやメイキング映像は、公開前に何度かYouTubeに投稿されていた。ところが、突然、YouTubeがBANされ(=アカウント利用停止)、Twitterの投稿も次々と非表示に!?

実は、これらの映像があまりにもリアルに見えるため、実際の事故画像と間違えて撮影されてしまったからだ。

そして、広報担当者はその都度......に連絡し、これを繰り返していたのです。実物よりもはるかに説得力があり、リアルなのが、この映像の悲劇なのです

画像9
カメラは何十台も破壊された!このアングルはすごい!これが超高速で走る車です。下から撮ったものです。

なぜ、こんな迫力ある映像になったのか?レースシーンの撮影では、従来の撮影技術ではGの影響を受けにくいため、車体にカメラを取り付けるという画期的な方法を考案しました。また、サーキットを高速で走行する様子を記録するために、小型カメラをサーキットに搭載しました。

ドリフトレースでも不可能なアングルからの映像を撮影することが可能です。この小型カメラがタイヤで破損することもあり、何十台ものカメラが破壊されることになった。しかし、監督の証言によると、撮影の許可を得るために「トラブってまで」カメラを壊していたという。

近年、小型で高性能なカメラが安価に入手できるようになったことで、映画館で迫力ある映像を楽しめるようになったのです。

画像10
キャストも同乗!?実際に車に乗っていたのはキャストの皆さん...。高速かつ重力のある状態で撮影

レースシーンでは俳優の表情や動きも

確認できる

映画の撮影には、こんな秘密も。

レースシーンは、キャストがフロントシートに乗り、プロのドライバーである右腕と並んで撮影さ

れました。

キャストがハンドルを握ることで、このクルマのスピード感や重力を体感できたそうです。

この映画では、シーンを反転させた映像が映し出されます。まるで役者が実際に運転しているような錯覚に陥ります。ドリフトレースは、重力に引きずられそうになるキャストの目線で体験することになる。しかし、彼らは我慢してハンドルを握り続ける。

画像11
イオンエンターテイメント PRESENTED THIS EVENT

関連

ニュース
  • 野村周平「世界発信うれしい」 主演作「ALIVEHOON アライブフーン」アジア10カ国で公開決定

    名村修平、"世界で通用する俳優になれて嬉しい" 主演映画『ALIVEHOON』、アジア10カ国にて

    2022年6月11日公開予定
  • ゲーム日本一VSドリフト絶対王者 野村周平が'覚醒'する「アライブフーン」追走シーン

    野村周平が日本の絶対的漂流王に!『ALIVEHOON』のチェイスシーンで覚醒。2

    022年6月9日
  • 野村周平、ドリフト映画の撮影で「ニッコニコ」 陣内孝則は'謙虚'な姿勢を宣言

    ドリフトムービーの撮影で笑顔の野村周平さん。陣内孝則、謙虚な姿勢を宣言

    2022年4月23日
  • 重低音サウンド×迫力のドリフトシーン 野村周平主演「ALIVEHOON アライブフーン」スペシャルコラボMV

    重低音サウンドと迫力のドリフトシーン「野村周平出演ALIVEHOONスペシャルコラボMV

    」2022年4月17日
  • トップレーサーによるCGゼロのドリフト! 野村周平主演「ALIVEHOON アライブフーン」新予告編が完成

    トップレーサー。CGゼロのドリフト

    野村周平主演「ALIVEHOON アライブフーン」新予告編が

    完成 2022年4月14日
関連ニュースをもっと見る