PLAN 75 特集: あらすじ・キャスト 【大問題作】75歳の人が“死を選べる”日本… - 映画.com

PLN 75号 特集。あらすじ・キャスト 【大特集】日本-老人は「死を選べる」 日本...映画.comのPLAN75による、必見、でも見逃せない特集です。この特集では、インタビューを通して映画の見どころを紹介するとともに、編集部の視点も交えてご紹介します。ホーム > 映画 > 『PLAN75』 > 特集 >

あらすじ&キャスト 【話題作】75歳の男は死を選べるPLAN in Japan

75

劇場用資料公開日6月17日、20日、22日

  • 映画館を探す
  • 予告編を見る
  • 作品紹介トップ
  • 特集
  • インタビュー
  • ニュース
  • レビュー
  • フォトギャラリー
  • レビュー
  • ビデオストリーミングの検索
  • DVD & ブルーレイ
  • チェックインを利用する
PLAN 75

ここにいます。

Twitter Facebook Pocket Hatena 更新日:6月6日 20,22 今年の

カンヌ国際映画祭カメラドール特別賞受賞
ここ日本では、75歳の老人が死を選べる社会が

......。

関連読書: ショーシャンクの空に 特集: 4K版が劇場公開!“世界で最も人気の傑作”の魅力とは? - 映画.com


よく生きるために必要なことは何だろう?

関連読書: ナワリヌイ 特集: 【衝撃作】「トップガン」を上回る? 今、一番観てほしい1本 - 映画.com

静かな希望が溢れ

出す、最後の最後に。画像1

誰も予想できなかった未曾有のパンデミックは、映画鑑賞者の映画への接し方に変化をもたらしたかもしれません。

問題作」「衝撃作」に心を動かされない人もいる。.......

そんな時代を切り開くために、正真正銘の「問題作」が誕生した。映画のタイトルは「PLAN75」、6月17日に公開される。この

設定は、現代社会に対する強烈で不穏な批判

である。

この映画の内容は、私たちの社会をどのように映し出しているのでしょうか。......私たちの感情に強く訴え、絶望と希望をもたらす問題作の魅力を、あらすじ、キャスト、製作者の想いなどを交えてご紹介します。予

告編】はこちら]

関連読書: 【今期TVアニメランキング】OP主題歌が人気の「パリピ孔明」大きく躍進 : ニュース - アニメハック

衝撃的な物語、不穏なテーマ、そして予想外の結末。
カンヌ国際映画祭長編映画特別賞受賞作品。'

. 画像2

PLAN75』は、世界三大映画祭のひとつであるカンヌ国際映画祭に正式出品され、カメラドール特別賞を受賞しています。カンヌで高く評価されたという事実だけでも、この作品にかけられた期待の大きさがうかがえるが、その内容は、設定の鋭さもさることながら、あらゆる部分で高いクオリティを保っている「名作」といえるだろう。

全編を通して緊張感や感動が伝わってくるし、実生活との共通点やキャスト・スタッフの苦労も伝わってくる: ..........................。あらゆる意味で、この映画は傑出した業績である。説得力のある、革新的な問題作です。


[この映画の舞台は、「75 歳から生きるか死ぬかを選択できる近未来の日本」です。

日本が物語の舞台。75歳から生きるか死ぬかを自由に決められる制度「プラン75」が国会で可決された。この映画は、この制度の影響を受ける人々の人生を、さまざまな角度から描いている。

角谷美智は、年齢を理由にホテルの清掃員をクビになった。75条への加入を考え始めた彼女の前に、ヒロム(磯村勇斗)が現れる。彼は市役所の75計画申請窓口で、八重子(香西由美)はコールセンターでそれぞれ働いている。フィリピンから単身移住してきた介護士のマリア(ステファニー・アリアン)は、娘の手術費用を捻出するため、プラン75の施設での仕事を引き受ける。.......

画像3

プラン75」制度が導入されることで、人々の生活や思いはどのように変化していくのだろうか。様々な年代、立場から多角的な視点を提示する本作は、「自分だったらどうするか」を考え、共感できる視聴者の幅が広い。

だからこそ、見る人の心に残る作品になるのでしょう。

画像4
[少子

超高齢化が現実のものとなっていることを痛感させられる現代

日本の歪み...。

PLAN75」は、この問題に果敢に切り込んでいる。

しかし、そのテーマはリアルで、私たちの感情につながる。

センセーショナルでありながら社会派なこの作品は、多くの議論を呼び起こす。社会の闇に突っ込んだ「新聞記者」の流れを汲む、独創的で衝撃的な作品である。"優子の天秤 "や "MOTHER マザー "も、その強烈なメッセージとともに、見る者に衝撃を与えた。イランの死刑制度に着想を得た「白い牛のバラード」が直近で公開された。

画像5
監督早川千絵の長編デビュー作がカンヌに選出 是枝裕和監督も応援する本作

早川千絵が監督・脚本を

手がけた本作は、彼女にとって初の長編映画監督作品となる。

長編デビュー作がカンヌ国際映画祭「ある視点」部門に即決され、カメラドール特別賞を受賞した。

PLAN75』は、2018年に製作された短編映画『10年目の日本』を長編化したもの。是枝裕和監督監修のもと制作された。PLAN 75』は、是枝監督に認められ、フランスや韓国の映画祭で数々の短編映画賞を受賞した稀有な作品です。劇場では、彼の卓越したストーリーテリング能力と演出力、そして現代社会への鋭い眼差しが披露される予定です。

画像6
[出演】(予定]主演・倍賞千恵子、共演・磯村勇斗が

体現する

魂は「揺さぶられ放題」。

男はつらいよ」シリーズで一世を風靡した倍賞千恵子。最近では、不老不死をテーマにした『アーク』など意欲的な作品にも出演しています。彼女が熱演するミチは、体制に翻弄されながらも人間であろうとする。彼女の描く名もなき市民は、圧倒的な存在感に包まれ、時に気高さを漂わせる。

画像7

一方、『東京リベンジャーズ』から『ヤクザと家族 THE FAMILY』まで幅広く活躍する若手実力派の磯村勇斗は、仕事としてプラン75の加入者を増やさなければならない苦悩をリアルに演じ、繊細に表現している。さまざまなタイプの "人情 "を演じ分ける彼の姿は、観る者の魂を揺さぶる。

画像8

監督インタビュー】のページです。]早川千絵が語る
「死を差し出すこと、手を差し

伸べること...。
あなたはどう生きたいですか

画像9

カンヌ国際映画祭での上映を経て、日本でもまもなく劇場公開を迎える力作�

早川千絵監督は、今後ますます映画ファンから注目される存在になることでしょう。

演出力、ユニークさ、問題提起、注目度などで、日本映画界をリードする存在だ。早川千絵は、最近、この映画に対する考え方についてインタビューを受けた日本の映画監督である。


彼はまず『PLAN75』の歴史について

語った。

早川は、"自己責任論が一般的な日本では、社会的に弱い立場の人が厳しく非難され、社会が不寛容になっていると感じていた "と述べる。コロナ災害以前から不寛容さは目立っていたが、今ではより広く認識されるようになった。

しかし、『10年後の日本』で作品のテーマに疑問を投げかける早川氏の感性を感じないわけにはいかない。2018年に発売される。先見の明とでもいうのだろうか。

画像10
PLAN 75は「人生を全肯定する映画」だと

早川は

言う。

短編映画

"

"10年後の日本""は、私が問題提起を

した作品です。

しかし、その先にある希望や可能性を示す映画でありたいと思いました。

ヒンター

「希望」を抱いた作品づくりは、「コロナの大災害の後に作品を届ける」という作り手の葛藤と信念

でもあった。画像11

コロナの惨事の体験は、作品の方向性に少なからず影響を与えました。世の中の厳しい現実を前にして、さらに人々の不安を煽る

ような映画を作っていいのかと悩んだ時期もありましたが、

問題意識だけでなく、人間のあらゆる生き

方を肯定するような映画を作りたいという結論に達しました」。

この言葉からは、早川監督が単に美学や作家性にこだわるのではなく、観客に対して深い敬意を抱いていることがうかがえる。自分が観たい映画、自分が楽しむ映画に近いものを作ることが大事だった。あまり説明の多い映画は楽しめないので、こういう映画を作ったという。この映画を見るかどうかは、見る人が決めること。

この映画は、見る人によって無限に変化する映画であるべきだ。早川監督は、「『PLAN75』は、見る人の心の中で、少しずつ成長していく映画です」と語った。

画像12
ハピネット・ファントムスタジオ この記事を紹介しました

関連ニュース

  • 第75回カンヌ映画祭総括 ゼレンスキー大統領のスピーチで開幕、受賞作には政治的、社会的なテーマ【パリ発コラム】

    第75回カンヌ国際映画祭開幕、ゼレンスキー会長のスピーチ、オスカー受賞作に見る政治・社会問題(パリ発コラム)

    2022年6月5日号
  • 磯村勇斗、倍賞千恵子の目の芝居に震えた「目線を合わせることができただけで大満足」

    磯村勇斗、倍賞千恵子のアイプレに顔をしかめる。"目を見開くことができるだけでとても素晴らしい"

    2022年4月30日
  • 第75回カンヌ映画祭、リューベン・オストルンドに2度目の栄冠 是枝裕和監督作2冠、早川千絵監督にカメラドールスペシャルメンション

    第75回カンヌ国際映画祭でルーベン・オストルンドが2度目の戴冠、是枝裕和監督作が2冠、早川千絵がカメラドール特別

    賞 2022年5月29日
  • カンヌ映画祭、早川千絵監督「PLAN 75」ワールドプレミアに手応え 「イカゲーム」俳優の初監督作に喝采

    カンヌ映画祭、早川千絵「PLAN75」のワールドプレミアに反響、「イカ娘」俳優の初監督作に絶賛の

    声 2022年4月25日
  • 磯村勇斗、念願のカンヌ国際映画祭に初参加「もっと自分も頑張れる」

    磯村勇斗がカンヌ映画祭に、初参加。"もっとできる "

    2022年4月23日
  • 第75回カンヌ国際映画祭開幕 ウクライナ、ゼレンスキー大統領のスピーチを中継

    第75回カンヌ国際映画祭オープニング、ゼレンスキー・ウクライナ大統領のスピーチが生中継

    2022年4月18日
続きを読む