SQL ServerでSELECT文の取得件数を制限し、任意の件数を取得する | 俺の開発研究所

データベース|俺の開発研究所 データベース「データベース」の記事一覧です。

前回は、DB2からSELECT文で取得できる項目を制限する方法と、任意の量の項目を取得する方法をご紹介しました。

今回は、"SQL Server "のケーススタディです。

こちらはSQL Serverのバージョンです。

  • SQL Server 2008 Express エディション

TOP句を使用して最初のX項目を取得するSQLクエリ

最初の項目を取得するには、SELECTセクションの途中にTOP句を使用します。

例として、こちらをご覧ください。

テストテーブルの最初の100項目だけが利用可能です。SELECT TOP 100 columns1 FROM testORDER BY column1

SQLでX番目とY番目の列を取得するためにROW_NUMBERを使用する

ROW_NUMBERという関数を使うと、取得したい行数を制限することができます。

例として、こちらをご覧ください。

101番目から200番目のテスト項目のみを列1の順番で考慮するSELECT column1FROM(SELECT column1,ROW_NUMBER() OVER (ORDERBY column1) AS rownum (TEST) AS rownum BEFORE rownum BETWEEN 101 & 200ORDERBY rownum

最後に

TOP句またはROW_NUMBER関数を使用して、任意の数のアイテムを取得するSQL Server SELECTを制限します。

関連読書:

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー:「ブロリー」より4年 新キャラが登場!

神作『無職転生~異世界行ったら本気出す~』の大推薦!

2022年夏|7月放送最新作TVアニメ情報まとめ!おすすめ6選を紹介!