YouTube ショートでも広告を表示!クリエイターに収益は配分される?

YouTube Shortsの広告機能に新情報が入りました。米国時間2022年5月25日に開催されたGoogle Marketing Live。Googleの広告に焦点を当てた内容でした。このイベントでは、Googleが今後提供する広告に関するプレゼンテーションや、YouTubeの広告に関するディスカッションが行われた。

YouTube shortsは、YouTubeで公開できる1分程度の動画です。

動画クリエイターが短い動画を投稿するようになり、その人気は高まっています。短い動画は、1日平均300億回視聴されているそうです。これはすごいことです。

短い動画のクリエイターは、自分の動画からお金を稼ぐことができるのかと思うかもしれません。従来の動画のように、広告を使って動画からお金を稼ぐことは、今のところできません。昨年から現在までの間に、YouTube Short Fundは、総額1億円の報酬を授与する予定です。

Original Planでは2022年までShort Fundの報酬が出ることになっていたので、来年はどうなるのか気になる人も多いでしょう。一時期、短い動画でも広告が表示されるようになると話題になりました。しばらくの間、短い動画にも広告が表示されると言われていました。これは本当のようです。

短い動画広告は、実は昨年からテストされています。 は、短い動画広告がまもなく世界中のすべての広告主が利用できるようになると発表しました(Ads on Youtube Shorts)。現時点では広告を見てもらえる可能性は非常に低いですが、今後、短い動画に広告を配信する広告主が増えてくるので、shortsで広告を見てもらえるようになるかもしれません。

その広告をスライドで紹介すると、以下のようになります。縦長の動画広告は、短編の動画と同じものです。
ショート動画の広告

プレゼンテーションでは、この広告がいつ、どこで表示されるかは明らかにされなかった。視聴者が次の動画を見るために上にスワイプしたときに、広告が表示されると思われる。広告が表示されるのは、動画の間。

これらの広告からの収益がクリエイターと共有されるかどうかは、まだわかっていない。この短編動画からの収益は、最終的にはリワードと同じようにクリエイターに分配されると思われる。

ショートビデオについても議論された。広告主には、YouTubeの検索で価値の高い枠が提供されるようになった。動画広告は今後も拡大していくだろう。クリエイターにとって、作品をいかにマネタイズするかという点で、大きなニュースだ。

また、動画広告のプロフェッショナルの需要も高まっていくでしょう。すでに動画を扱っている方、あるいはこれから扱う予定の方は、会社の一環として動画広告の制作を検討されてはいかがでしょうか。

今回発表したのは、長さが短い動画でも広告を表示できることのみです。この機能によってクリエイターがどのような利益を得られるか、詳細が分かり次第、お伝えします。

ショートムービーのクリエイター機能については、常に新機能が開発されています。YouTubeのショートムービーは、まだまだ学ぶべきことがたくさんあります。ショートビデオのアップロード方法や、報酬を得るための条件については、このチャンネルでご紹介しています。

関連読書:

YouTube【字幕の秘密】動画の露出UPも期待!字幕の設定や種類 | イズクル

マイナポイント第2弾の受け取り方&申請手順【20,000円分】

冷蔵庫の製氷機にカビが!自分で庫内を掃除する&カビ予防 | イズクル