YouTube【字幕の秘密】動画の露出UPも期待!字幕の設定や種類 | イズクル

動画の露出度を上げるために、字幕を使っていますか? あまり知られて

いない字幕の使い方をご紹介します。

また、字幕の使い方を紹介する動画も用意しました。

皆さんは「字幕」と聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?耳の不自由な人のための機能ではないのでしょうか?耳の不自由な人のための機能ではないのでしょうか?日本人以外の視聴者が利用できる機能ではないのでしょうか?

日本人以外の視聴者には使えない機能なのか

多くの人が

考えることです。

ビデオは日本人の視聴者を対象にしています。字幕は必要

ない.

字幕は他の目的でも使用でき、多くの形式と表示方法があります。字幕は、誰でも簡単に作成することができます。

この記事は3つのセクションに分かれています。この記事は3つのパートに分かれています。1つ目は、字幕の種類と機能についてです。2つ目は、ビデオの露出を増やすための字幕の役割についてです。そして3つ目は、字幕の作り方です。1.

第一の

タイプ字幕

第一は「オープンキャプション」と呼ばれるもので、第二は「オープンキャプション」と呼ばれるものです。

字幕には大きく分けて「オープンキャプション」と「クローズドキャプション」の2つがあります。Caption "は「字幕」という意味です。

キャプションオープン

(テロップ)

テロップと呼んでいるのは、オープンキャプションの

ことです。

テキストは映像の中に画像として埋め込まれています。視聴者は非表示と表示を切り替えることができません。


オープンキャプション(テロップ)

動画にテキストを入れる方は多いですが、動画内のテキストはYouTubeに認識され、YouTubeに送信される場合があります。メッセージに入れたテキストは、自動的に作成されるチャプターのタイトルに使用することができます。

重要な情報を伝える際には、わかりやすく、読みやすいフォントを選ぶことが大切です。

クローズド・キャプション今回注目するのは、クローズド・キャップです。視聴者はアイコンを選択することで、クローズドキャプションの表示・非表示を切り替えることができます。以下、クローズドキャプションについて説明します。


クローズドキャプション

YouTubeの字幕は、お使いの端末によって表示が異なります。現在、YouTubeの字幕は、AndroidとPCのどちらから視聴しているかによって、表示が異なります。


 Android の字幕

iPhoneなどのiOS端末では、白文字に黒枠が表示されます。


 iPhone の字幕

字幕のカスタマイズ(視聴者側)視聴者は字幕の色を変更する機能があります。

特にiOS向けの動画では、背景のない真っ白な文字で表示されるものがあります。そのため、動画が見にくいことがあります。そのような場合に読みやすいようにフォントを変更することができます。

また、PCをお使いの方は、動画内の歯車アイコンをクリックし、「字幕」→「オプション」を選択することで、字幕をカスタマイズすることができます。


字幕オプション

Androidの場合は、YouTubeアプリを開き、プロファイルアイコン>設定>字幕をタップすると、カスタマイズ画面が表示されます。


 Android 字幕スタイル

iOSの場合は、YouTubeアプリからではなく、端末の設定から変更することができます。端末の「設定」アプリを開き、「アクセシビリティ」>「標準字幕とバリアフリー字幕」>「スタイル」をタップすると、字幕のカスタマイズができます。


ios字幕スタイル

字幕のカスタマイズ(制作者側)これに加えて、制作者が設定をカスタマイズするのと同じように、視聴者が字幕

の色を変更することができます。

字幕の作り方の詳細については、本項で説明します。ただし、テロップを使わずに字幕の設定をフルカスタマイズできるチャンネルや動画は他にもあります。

Yorshkaさんの「Rain and Cappuccino」という動画は、素晴らしい字幕の好例です。色の変化を字幕にフル活用したアート作品です。ぜひご覧ください。

その他、多くの人が知らない面白い点として、

Nearlyが字幕表示を補正してくれることが挙げられます。ビデオの冒頭に強制的に字幕を表示させることができるのです。通常、字幕を表示するには、視聴者が字幕アイコンを選択する必要があります。しかし、「yt:cc=on」と設定

することで、YouTube Studioのビデオ詳細タグが、ビデオを閲覧する視聴者に向けて字幕をオンにします。この機能が今後どうなるかはわかりませんが、今のところ動作しています。


YouTube Studio の動画の詳細のタグで「yt:cc=on」

ただし、視聴者の環境によっては、字幕がオンにならない場合があります。また、視聴者が字幕をオフにすることで、字幕が表示されなくなることがあります。その場合、動画を視聴しても再び表示されることはありません。字幕をオンにすることは不可能です。

もう一つの字幕は大きな利点です。編集可能であり、後で修正することができる。

テロップ付きのテキストは、動画を再アップロードしない限り、変更することができません。字幕は、字幕ファイルの作者だけが編集することができます。テキストに間違いがある場合は、修正するか、ファイルに追加することができます。

役割サブタイトル

。ここでは、字幕の重要性について説明します。多くの人は、字幕を耳の不自由な人のためのツール、あるいはビデオを多言語化し、他の国の人々が話の内容を理解できるようにするための機会としてとらえています。

確かに、聴覚障害者にコンテンツを伝えるために使用することもできますし、多言語化することも可能です。動画やチャンネルを多言語化する方法については、こちらのページをご参照ください。

何をすべきか?新しいチャンネルを作成する、説明、要約、ビデオのタイトルをさまざまな言語で表示する

YouTubeSubtitlesは、YouTubeに関する情報を提供しますSubtitlesは、他の目的にも使用できます。

彼らはあなたがあなたのYouTubeのビデオに関する情報を送信することができますメタデータすることができます。字幕は、YouTubeの動画コンテンツを伝えるために必要な文字情報を、字幕なしよりも高い精度で提供します。

YouTubeのヘルプページには、字幕を追加することでリーチ数を増やすことができると書かれているほどです。字幕をつけることで、より多くの人に見てもらうことができます。YouTubeはあなたの動画をより明確に表示し、より多くの視聴者にリーチできるようにします。


字幕は視聴回数増加が期待できるメタデータ

また、字幕は視聴者の満足度を高めることができます。字幕は、音声が届かない場所でも視聴者がコンテンツを理解するのに役立ちます。また、必要に応じて字幕を消して、動画に集中することもできます。隠し字幕は、視聴者が使いこなすことができる重要な機能です。視聴者の中には、それを煩わしいと感じる人もいるかもしれません。

YouTubeは最近、文字起こしを可能にする字幕を追加しました。現在、YouTubeアプリには「トランスクリプション」というセクションがあり、タイムスタンプとともにサブタイトルが表示されます。これをタップすると、話している部分をスキップすることができます。


文字起こしにも使用

自分で字幕を付けなくても、自動的に文字起こしされますが、正直なところ、精度はまだまだです。YouTubeは、文字起こしされたテキストを動画コンテンツとして認識することがあります。字幕をつけたら、ぜひYouTubeに正しく認識してもらいたいものです。

視聴者も、正確な字幕があれば、書き起こしテキストの中から関連する情報を素早く探し出せるというメリットがあります。

字幕はコンテンツとみなされます。ガイドラインに反するような表現はご遠慮ください。3.

字幕の作り方ここまで、字幕の種類とその役割について説明してきましたが、いよいよ字幕の作り方について説明します。

色のカスタマイズについても説明します。字幕を作成する方法は3つあります。

  1. YouTubeの機能。どうやって使うの?
  2. 使用するツールについて
  3. メモ帳やノートパッドで手動で字幕を作成することができます。

YouTubeには、誰でも利用できる機能がたくさんあります。動画をアップロードした後、YouTube Studioでは字幕を編集して追加

する方法があります。


YouTube Studio から字幕

YouTubeの字幕編集機能は、使いやすく、別のツールを使用する必要がないため、ほとんどの人が十分だと感じています。

テキストを挿入して字幕のタイミングを調整したり、自動的に書き起こされたテキストを修正したりすることができます。ただし、文字の色を変更することはできません。

字幕に対応したビデオ編集ソフト「Premiere Pro」であれば可能な場合が

あります。

YouTubeの動画をアップロードする前に、字幕ファイルを作成することができるツールがあります。つまり、YouTubeがファイルを処理する必要がないのです。また、このツールでは、色を変更することもできます。

YouTubeは、字幕ファイル用に特定のファイル形式をサポートしています。多くのフォーマットがあります。これは、YouTubeの字幕機能を作成するために使用するのと同じファイルです。

色やスタイルを変更するには、".sami" や ".tml"といった高度なフォーマットで作成する必要があります。スタイルを変更する場合は、ツールが高度なファイル形式に対応している必要があります。

Premiere Proを使用して、キャプションを作成することができます。字幕の既定値」として「CEA-608」を選択します。


 Premiere Pro の字幕設定

そして、キャプションの書き出し時にファイル形式を[xml]にすることで、文字色が異なる字幕を作成することができました。YouTubeでは、背景色が反映されませんでした。


 Premiere Pro 字幕書き出し設定をxml

Final Cut Proでは、CEA-608形式の英語であれば文字色の変更が可能でしたが、日本語を入力するとエラーが発生し、文字化けしてしまいました。Final Cut Proは馴染みがない。


finalcat-pro-の字幕設定

Final Cut Proは詳しくないので、日本語で色を変える方法をご存知の方、教えてください。字幕編集ソフトはいくつか入手できるのですが、Windowsに対応していないものや、古いものが多くありました。

サブタイトルに色を付けられなくても大丈夫という方には「Vrew」をお勧めします。


Vrew

Wrewはよく知られたプログラムで、音声を認識し、それを書き起こします。あとは字幕を付けて、字幕ファイルとして書き出すことができます。

3 メモ帳などを使って手動で作成

する もし、

色やフォントを厳密にコントロールしたいのであれば、手動でサブファイルを作成する必要があるかも

しれません。


手動で字幕ファイルを作成

かなり大変でしょうし、正直なところ、視聴者がそのような字幕ファイルを作ってコントロールしたいと思うケースは少ないと思います。映像を見ることに時間をかけるより、字幕を作ることに時間をかけたほうがいい。

字幕を作るには、たとえプログラムがあってもかなりの時間がかかります。すべてのビデオに字幕をつけることは可能ですが、それは不可能だと考える人も多いでしょう。自分が最も情熱を傾け、他の人と共有したいと思うビデオに集中するのが一番です。

動画に字幕をつけることを考えたことがない方も多いかもしれませんが、数多くのメリットがあります。自分の動画に取り入れられそうなアイデアがないか、考えてみてください。

関連読書:

マイナポイント第2弾の受け取り方&申請手順【20,000円分】

冷蔵庫の製氷機にカビが!自分で庫内を掃除する&カビ予防 | イズクル

【Android】アプリの通知をオフにする方法&一括で通知音をオフ