【YouTube】ライブ配信のコメントで誤BAN多発?6つの対策や設定

ライブ配信中にコメントが投稿され、多くのアカウントが停止されました。重要な話題となりました。VTuberが一番狙われている。視聴者とクリエイターの双方が不安視

 

日常的にライブ配信をしているクリエイターは、「この先どうしたらいいんだろう」と思っているのではないでしょうか。

私はチャンネル停止やアカウント停止のライブ配信を見ていないので、どのようなものだったかはわからない。

ライブ配信に関しては、不適切なキーワードや文章をチャットに書き込んだり、あまりにも不快な画像をアイコンとして使用したりすると、BANされるという苦情が多いようです。

正直なところ、YouTubeはブロックされるようなキーワードが含まれていても、自動的に動画を禁止することはないだろうと感じていました。

今回は、視聴者が動画に投稿したチャット内容を表示していたチャンネルが、ブロックされたようです。ただし、すべてのチャンネルがこうなったわけではありません。すべてのチャンネルで行われたかどうかは定かではありません。
チャットの内容を動画内にも表示

動画にチャットコンテンツを表示した場合、責任を問われる可能性があった。

以上、ライブ配信時に影響を受けないために取るべき6つのステップを紹介しました。

ブロックする言葉

まず、特定の単語をブロックする必要があります。この設定を「禁止ワード」「NGワード」と呼びます。このような手順で行います。

  1. YouTube Studioのブラウザ版にログインし、「設定」ボタンをクリックします。
  2. 設定ウィンドウの「コミュニティ」をクリックします。
  3. [ブロックしたい単語を入力する欄があります。ブロックしたい文章をチャットやコメントで入力して保存します。
    ブロックしたい単語を入力

ブロックしたい単語を特定するのは簡単ですが、それだけでは今回のような攻撃には対応できません。ガイドラインに反する単語がたくさん出てくる可能性があります。日本語、英語、その他の言語で書かれている必要がある。

設定しないよりはした方が良いですが、全ての言語で動作させることは事実上不可能です。

関連読書: 【裏技】Amazonで怪しい業者や中華製品を排除する方法 | イズクル

チャンネル登録者限定のチャット

2つ目は、購読者限定のチャットにすることです。

YouTubeでは現在、ライブチャットやプレミア公開チャットに参加できるユーザーを制限することができます。これは、あなたのチャンネルの購読者によって行われます。

チャンネル登録者には、「3日以上チャンネル登録者でないと投稿できない」などの登録期間を設定することができます。

登録期間が長いと、チャットに参加できるユーザーが限定されてしまいます。そのため、妥協点を見出すことが重要です。ただし、期間を長くすることが有効な対策と考えられる場合もあります。ここでは、長い期間を選択する方法について説明します。

  1. ライブ管理画面から、「編集」を選択します。
  2. [カスタマイズ」内の「チャンネル登録者」を選択します。
    最小限必要なチャンネル登録期間
  3. チャンネル登録の最低期間を設定する。

関連読書: PayPay 決済音は消せる?「ペイペイ」の音量を変更する手順

不適切なメッセージの送信

不適切なメッセージは、保留にすることもできます。

ライブストリームに投稿されたチャットメッセージは、不適切または「攻撃的な可能性がある」と判断される場合があります。その場合、モデレーターが承認するまで、それらを非表示にすることができます。

チャット管理に役立つ重要な機能です。設定をご確認ください。このような手順で行います。

  1. YouTube Studioにログインした後、「設定」をクリックします。
  2. 設定ウィンドウの[コミュニティ]をクリックします。
  3. [既定値]タブの[不適切な可能性のあるメッセージを一時停止して確認する]にチェックを入れます。

スポンサード リンクを見るにはここをクリック

関連読書: 【Disney+】スマホから解約する手順を画像付きで解説

モデレーターにアカウント管理について相談する

4つ目は、ライブ配信を管理する上でモデレーターに相談する方法です。

生放送中は、作成者がチャットに目を通すことが難しい場合があります。特に、チャットや視聴者の数が多い場合は大変です。

そんな時はモデレーターを指名してチャットを管理するようにしましょう。モデレーターは、クリエイターが信頼してサポートを依頼できる人たちです。クリエイターはファンにサポートを依頼することが多いです。

モデレーターは、メッセージを削除したり、参加者をタイムアウトさせたりすることができます。また、チャンネル内の人を非表示にする権限も持っています。モデレーターを設定するには、次の手順を実行します。

  1. YouTube Studioの[設定]から[コミュニティ]を選択します。
  2. [自動フィルター]タブの[モデレーター]の下に、モデレーターとして追加したいユーザーのチャンネルURLを貼り付けます。
    モデレーターとして追加

ライブ配信中のチャットで、ユーザー名の横にある︙アイコンをクリックしてもモデレーターを追加することができます。
モデレーターを追加

スローモードが最適

5番目のオプションとして、スローモードを使用することもできます。

ライブ配信では、互いの投稿数を制限することができます。そのため、短時間で投稿されるチャットを防ぐことができます。投稿が多すぎてチャットがカオスになるのを防ぐことができます。このような手順となります。

  1. ライブ管理画面より、「編集」を選択します。
  2. [カスタマイズ]画面で、[スローモード]にチェックを入れます。
    低速モード
  3. 待ち時間は1~30秒の間で設定可能です。

動画に表示されるチャットの量を制限する

6つ目は、動画に表示されるチャットの量を制限することです。

最も問題となるのは、投稿されたチャットをライブストリーミング映像に表示することです。

ガイドラインに沿わないコメントを表示することは問題視されることがあります。しかし、それ以上に問題なのは、投稿者が使用しているアイコンです。投稿者のアイコンとして卑猥な画像を入れることで、より面白い動画になったのではないでしょうか。

アイコンが問題を起こすと、通常のコメントは「ブロックされた言葉」に捕捉されず、「不適切なメッセージの可能性」という項目で無視されることになります。

このため、ストリーミング映像にチャットを表示しないことで、この種の攻撃を難しくしている可能性があります。

自分が承認したチャットだけを表示し、モデレーターが目を通す時間を十分に確保するのがよいでしょう。

どの配信ツールを使っているかによって、チャットのテキストとアイコンのみを表示することが可能な場合があります。